クラビットは細菌を殺菌する効果のある薬です。性病の中でも広く知られている淋病やクラミジアなどによく使用されています。1日1回1錠の服用で済むので手間がかかりません。こちらではクラビットについて詳しく解説します。

クラビットについて説明する男性と女性

彼氏と治療する性感染に有効なクラビットは胃荒れ注意

性感染症のクラミジアは日本で感染者が多くなっていて、男女とも感染に気づきにくくなっています。女性が検査を受けて感染が確認できた場合、彼氏も感染している可能性が高いため、検査を受けさせた方が良いです。どちらか一方だけ治しても性交渉でまたうつってしまう可能性が高いため、2人で検査と治療を行ったほうが良くなります。

クラミジアで処方されるクラビットは抗生物質であり、ほかの菌に対しても有効性があります。レジオネラやマイコプラズマなどにも効果が期待できるのは、細菌のDNAが複製されることを阻害し、殺菌も行うため効率的に体内の菌を減らして行くことができるためです。

胃腸からくる風邪の症状にも処方されることがあるのは、細菌が胃や腸で悪さをしていることが原因だからです。1日の使用量や1回の服用する量が個人差があり、彼氏や子供に同じような症状が出たからといって、自分に処方されたものをそのまま服用させることはとても危険です。

クラビットなどの抗生剤は、服用することで胃が荒れたり下痢を伴ってしまうことがあるので、医師から胃薬や整腸剤と一緒に服用するように進められることがあります。併用していても胃痛や下痢が続くようであれば、医師に相談を行います。勝手にクラビットの服用をやめることは避けなければならず、途中でやめてしまうと体内に残っている細菌がクラビットに耐性がついて効かなくなる可能性があるためです。薬を買える場合には、必ず医師の判断を得てから行います。

クラビットには下痢などのほかにも稀に副作用が起きることがあり、アキレス腱などに障害が出る人がいたり、低血糖などになる人もいます。高齢者や腎臓に障害がある人は、慎重な服用が必要です。